読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kukkanen’s diary

障害年金で暮らす片づけられない女の日記

お金にだらしない人こそ電子マネーを使った方がいい理由

お金の話 精神障害者向けライフハック
スポンサードリンク

現金主義と手書きの家計簿で本当に節約できるのか?

浪費を防ぐコツとして「クレジットカードを使わない」という人をよくみかけます。このような現金主義の方はたいてい電子マネーも持ちません。財布や用途別の封筒に現金を入れて、その残金を見て、残された予算を把握するというやり方です。

f:id:kukkanen:20150214204347j:plain

一昔前までは、このやり方と手書きの家計簿をつけることで節約に励む人が多かったでしょう。ですが、ITインフラが進化・整備された今となっては、現金を使うことそのものが自分の時間を浪費することになります。

  • レジで財布の中の小銭を探すので、支払いに時間がかかる
  • 券売機で電車の切符を買うので、その都度運賃を確認しなければいけない

さらに使ったお金を家計簿に書き込む時間、そして家計を見直すために支出入を集計する手間もかかります。

現金以外は"使ったことがわからなくなる"危険があるのか?

現金主義の人の主張はたいてい「クレジットカードだと使いすぎてしまって怖い」です。たしかに利用明細が1ヶ月に1度郵送されてきた時代は、自分でカード利用控えを集計しない限り、このような懸念がありました。

ですが、現在はWeb上でカード利用明細を随時確認できるので、そんな心配も少なくなりました。 そして、Zaimやマネーフォワードといったオンライン家計簿の登場で、ますます現金以外の支出の把握が容易になりました。

では、手書きの家計簿をやめた場合にどんなメリットがあるか具体的に説明しましょう。

電子マネーやクレジットカードの利用データが自動表示される

これは、Zaimのトップページに表示されている[最近の入力]欄です。WAONとEdyのアイコンがあるのでおわかりかと思いますが、こんなふうに設定している電子マネーやクレジットカードのデータはオンライン家計簿に自動的に表示されます。そして、「トマト他」「メール便」などのように自分のメモを付加することもできます。

f:id:kukkanen:20150214212900p:plain

月の途中でも簡単に支出を集計できる

手書きの家計簿は電卓などを使って自分で計算しなければいけませんが、オンライン家計簿ならレポート画面を開くだけでいつでも収支を確認することができます。

f:id:kukkanen:20150214214536p:plain

費目別に支出を集計した円グラフを表示することもできます。

f:id:kukkanen:20150214214832p:plain

スマホでレシートを読み取ることができる

現金を使った場合は、スマートフォンのカメラ機能を使ってレシートを読み取り、それをオンライン家計簿に取り込めます。もちろん、金額や内容を手入力することもできます。

オンライン家計簿にはたいてい同名のスマホアプリがあるので、それを利用すると外出先でも常に家計の状態を把握できます。

f:id:kukkanen:20150214220001j:plain

まとめ

クレジットカードは少額だと気軽に使える場面がまだまだ多くはないですが、電子マネーならコンビニやスーパーの支払いも簡単です。いままで現金で払っていたものを電子マネーに置き換えると、家計簿に書き込む手間が減り、記帳忘れもありません。